ピクルス

pickles-1
  • pickles-1
  • pickles-2
ピクルスはアメリカのタイプとヨーロッパのタイプに分類され、前者は香辛料及びビネガーを、原料が発酵してから加えるものです。後者はスパイスと同時に塩漬けから発酵熟成させるものです。種類ではスイートとディル、サワー、ミックス、フレッシュ、ピカリリといったものがあります。スイートピクルスは原料を甘酢液につけたもので、香辛料であるナツメグやオールスパイス、クローブなどが加えられています。ディルピクルスは、古くから伝わる甘味のない型です。ディルはハーブでもあります。サワーピクルスは酸味が特徴で、原料を酢漬けしています。

ピクルス/期待される効能・効果

肌を美しくする働きや食欲増進、疲労回復、便秘改善の働きがあるとされます。また、細胞の老化を防いだり、糖尿病や動脈硬化の予防にも有用とされます。含有される成分には食物繊維やβカロテン、ビタミンC(Cは漬け合わせによります。)・E、鉄、ナトリウムなどがあります。ピクルスは西洋漬物をまとめて指す名称ですが、国内では甘酢漬けが多くなっています。これにはワイン及びアップルビネガーが用いられており、アミノ酸や有機酸を含んでいます。コハク酸はエネルギー源であり、しかも即効性があります。リンゴ酸は疲労回復に有用とされており、乳酸分解に作用します。食物繊維は腸内善玉菌が増えるのを促し、排便量を増加させる働きがあると言われています。βカロテンは小腸壁で必要量だけビタミンAに変換される成分であり、皮膚や粘膜の保護、抗癌作用などがあると言われています。ビタミンCはコラーゲン合成に関与している他、鉄の吸収力を高めたり、過酸化脂質の発生を抑える働きがあるとされます。また、皮膚や骨、血管、筋肉を丈夫にする作用もあるとされます。ビタミンEは、赤血球の溶血や過酸化脂質の発生を防いだり、健全な細胞膜の維持、老化の予防といった働きがあると言われています。鉄は、ミオグロビンと呼ばれる筋肉内の蛋白質やヘモグロビンの構成成分です。また、細胞の酸素吸収や酸素運搬にも関与しています。