上へ

カロリー計算の解説(ダイエットシミュレーションプログラム)

●使い方

①の「補完検索」は、入力した値に一致するデータを呼び出す機能です。


②の部分は左側で運動の種類を選択し、右側でその運動した分数を入力します。「加算」もしくは「シミュレーション」ボタンを押すことで消費カロリーが割り出され、出力結果の表に利用されます。入力されていない場合は、システムの初期値が適用されます。


③は、グラフや表などで計算結果を出力するために用いられますが、入力されない場合はシステムの初期値が適用されます。


④は、グラムの他、カロリーとタンパク質を基準にしてデータを出力します。


⑤の「単品」タブは、個別の食品、「加算食材」タブは滞在ページ、もしくは他のページで加算された食品、「合計」タブは加算された食品をもとにデータを出力します。


⑥は、オレンジの「運動なし」と青の「運動あり」で最初の1日目をスタートとし、2日目からその食品のカロリーを9日間摂取し続けた場合の増減を表しています。また、赤のラインは「シミュレーション」ボタンを押した時に出現し、こちらは⑦のフォームで最初の1日目から10日目の間で合計された値をもとに結果を表示します。 尚、1日目から10日目の日にちは、現在の日付で自動的に表示されています。


⑦のフォームには、該当する日に摂取するカロリー値を入力します。10日間で摂取したカロリーによって、体重の増減が分かります。空白にした場合、その日は何も食べないものとして計算されます。


⑧の部分は、②と③で入力された値か初期値で計算していることを示しています。入力されていない場合は、システムの初期値が表示され、「現在値」は現在その値で計算されていることを意味します。