いんげんまめ(こしあん)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

いんげんまめ・こしあん

「 いんげんまめ・こしあん 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(47.22%)、次は鉄(25.71%)、そして、蛋白質(18.8%)、マグネシウム(15.52%)、銅(11.25%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

いんげんまめ


インゲン豆の漉し餡は、白インゲンマメなどを茹でて潰し、これに砂糖や蜜を加えて甘みをつけ、漉し餡にしたものを言います。大福豆などは白いんげん豆の仲間です。白餡は白隠元など白いタイプの雑豆を使って作る餡のことを言います。粒餡と漉し餡があり、饅頭などの中身の餡として用いるほか、その皮に利用されることもあります。また、別の風味付けをしたり、色素が添加されるなどして練り切りの下地として用いられるケースもあります。漉し餡は小豆を原料とするものが多くなっていますが、上記のように隠元豆を用いることもあります。
いんげんまめ・こしあん