うぐいす豆(えんどう)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

えんどう・うぐいす豆

「 えんどう・うぐいす豆 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(29.44%)、次は鉄(23.81%)、そして、銅(18.75%)、リン(16.25%)、カロリー(12%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

うぐいす豆


うぐいす豆は、熟した青豌豆を用いて、甘く煮詰めたものを言います。煮たものを直接食用にしたり、パンや蒸しパンに混ぜ合わせる、あるいは和菓子の材料として用いられます。これに対しグリンピースは一般に未熟な種子を利用しています。未熟な鞘を食用にしたものはサヤエンドウと言い、青豌豆はグリンピースを意味します。また、世界的には柔らかい鞘を持ち、乾燥していない未熟な鞘や種実を食用とする軟莢種(なんきょうしゅ)が最も消費されています。インドなどでは完熟直前の種子がグリンピースとして消費され、東アジアでは未熟な鞘をサヤエンドウとして食用にしています。
えんどう・うぐいす豆