クロワッサン

  • croissants-1
  • croissants-2

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

クロワッサン

「 クロワッサン」の栄養価を食事摂取基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、n-6系脂肪酸(36.63%:2.93g)、次はビタミンE(31.67%:1.9mg)、そして、カロリー(22.4%:448kcal)、ナトリウム(17.05%:470mg)、蛋白質(15.8%:7.9g)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆8%
更に分析 >>

クロワッサン


クロワッサンは生地を伸ばしてバターを挟み、これを繰り返して生地とバターが多重の薄い層になるよう仕上げた生地を焼いたパンを言います。バターを多く使っていますが、チョコレートやアーモンドを加えて練り上げたものもあります。クロワッサンはもともとフランスで生まれたパンのことで、多くは三日月のような形をしています。フランスではカフェオレを飲みながらそれにクロワッサンを浸して食べるのが習慣になっています。日本のクロワッサンは甘いものが多く、このような食べ方をするケースは少なくなっており、国産のものは日本人の好みに合うように作られている場合が多いです。
クロワッサン