イングリッシュマフィン

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

イングリッシュマフィン

「 イングリッシュマフィン 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ナトリウム(17.42%)、次は蛋白質(16.2%)、そして、銅(15%)、ビタミンB1(13.64%)、リン(12%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

イングリッシュマフィン


イングリッシュ・マフィンは、酵母で醗酵させたパンのことで、丸い形状をしています。表面にはトウモロコシの粉であるコーンミールが振りかけてあります。原料は小麦、酵母、牛乳、砂糖、塩などで、これを混合し、練って生地を作ります。その後しばらく放置して成形し、再度寝かせて放置します。焼き上げる際はオーブンの利用が一般ですが、トースターやグリルなどを使うケースもあります。一般にはトーストしてバターやジャムなどを塗布して食されます。北アメリカやイギリスでは伝統的な朝食の食材であり、ベーコンやソーセージ、目玉焼きなどと一緒に食されます。
イングリッシュマフィン