ぎょうざの皮

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ぎょうざの皮

「 ぎょうざの皮 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、蛋白質(18.6%)、次はパントテン酸(15.25%)、そして、銅(15%)、カロリー(14.55%)、食物繊維(12.22%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

ぎょうざの皮


餃子(ギョウザ)は、皮で具を包んで、茹でたり焼いたり蒸したりして食べられる食品です。皮は小麦粉を原料としており、具には肉や野菜、エビなどが使われます。日本では焼き餃子として食されることが多くなっており、冷凍食品でも電子レンジやフライパンなどで焼き上げるだけの製品が流通しています。日本の餃子の皮は薄くなっており、これにキャベツやニラ、ニンニクなどの野菜類を細かく刻んだものや豚のひき肉などを入れるのが通例となっています。これに対し中国では焼き餃子は一般的ではなく、水餃子が主流の上に主食にされています。水餃子の皮は厚めであり、日本のように具材としてキャベツやニンニクを入れられることはなく、白菜が用いられます。
ぎょうざの皮