スモークサーモン(紅鮭・くん製)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

スモークサーモン/べにざけ・くん製

「スモークサーモン/ べにざけ・くん製」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、8.05%含有し、161kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンD(509.09%:28μg)、次はビタミンB12(333.33%:8μg)、そして、ナイアシン(106.67%:12.8mg)、n-3系脂肪酸(68.13%:1.09g)、ナトリウム(54.43%:1500mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆2%
更に分析 >>

スモークサーモン


紅鮭(ベニザケ)は、サケ科に属する魚の一つです。肉色の濃赤色がベニザケの特徴ですが、産卵期には雄の体表も紅色になります。また、生涯にわたって淡水にて生息するものは、ヒメマスと呼称され、湖沼残留型若しくは陸封型となります。燻製(クンセイ)は、ベニザケなどを燻煙(スモークサーモン )して風味を高め、保存性を持たせた食品を言います。燻煙を行うことで煙の中に存在する殺菌成分が食材に入り込み、水分活性の低下によって貯蔵性がもたらされます。大抵塩漬けするため、この塩が更に保存性を高めます。尚、スモークは調理法のことを指し、また食材を乾燥させてから燻煙を実施するケースが多いです。