シルバー(生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

シルバー・生

「 シルバー・生」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、7.65%含有し、153kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ナイアシン(91.67%:11mg)、次はn-3系脂肪酸(85%:1.36g)、そして、ビタミンB12(75%:1.8μg)、ビタミンD(54.55%:3μg)、ビタミンE(51.67%:3.1mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆19%
更に分析 >>

シルバー


シルバーは、スズキ目イボダイ科ハンテンオキメダイ属に分類される魚を言います。ニュージーランド沿岸の水深数百メートルの水域に生息し、体の色は青灰色となっています。腹部は薄く銀白色のツヤを帯びます。また、体側に小さな黒点が散在し、体の表面からは多量の粘液が分泌されています。成分では脂肪分が適当に含まれており、肉は白身になっています。白身の肉質であり、癖のない味を持ちます。和風では、蒸しものや揚げ物などに利用されますが、西洋風ではムニエルやフリッターなどにも使われています。また、中国風においては甘酢あん煮などに用いられています。
別名:銀ひらす、銀ワレフー切り身