焼き竹輪


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

焼き竹輪

「 焼き竹輪」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、6.05%含有し、121kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(33.33%:0.8μg)、次はナトリウム(30.12%:830mg)、そして、蛋白質(24.4%:12.2g)、ナイアシン(22.5%:2.7mg)、ビタミンD(18.18%:1μg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆7%
更に分析 >>

焼き竹輪


焼き竹輪(やきちくわ)は、魚肉のすり身を棒状のものに巻き付けて焼いたものを言います。蒸したものは、白竹輪はそのまま蒸し竹輪と呼ばれています。棒を引き抜くと筒状を形成し、その見た目が竹の切り口に類似することから、竹輪と呼ばれるようになったそうです。原料の魚にはスケトウダラやサメ、ホッケ、トビウオなどが用いられ、これに砂糖や塩、卵白、デンプンなどを混ぜ合わせて練り上げ、棒状のものに塗り付けて焼き上げます。日本各地には、豊橋竹輪、長崎竹輪、阿波竹輪などと呼ばれる特産品が知られており、これらは原料として使う魚や、作り方などがそれぞれ固有のものになっています。