だて巻


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

だて巻

「 だて巻」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、9.8%含有し、196kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンE(30%:1.8mg)、次は蛋白質(29.2%:14.6g)、そして、ナイアシン(21.67%:2.6mg)、ビタミンD(18.18%:1μg)、ビタミンB2(16.67%:0.2mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆8%
更に分析 >>

だて巻


伊達巻は、鶏卵を使った甘みの強い蒲鉾を言います。作り方はまず、すり身を塩ずりにして、これに卵と砂糖を同じ比率で加えてすりつぶします。混ぜ合わせる際には気泡を入れるようにし、これに味醂などの調味料やデンプンなどを加えて本ずりにします。そして、焙り焼きにし、竹簾などの上に置いて冷やしてから巻き上げて仕上げます。巻き上げる際は、焼き色のついた側を表面にし、のの形で再び巻き上げます。長崎ではカステラ蒲鉾とも呼ばれています。これは作り方がカステラに類似する点もあるためですが、厚焼き卵ともよく似ています。名称は一般に伊達政宗の好物だったことに由来するとされますが、諸説あります。
だて巻