魚肉ハム


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

魚肉ハム

「 魚肉ハム」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、7.9%含有し、158kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ナイアシン(60%:7.2mg)、次はビタミンB2(50%:0.6mg)、そして、ナトリウム(32.66%:900mg)、ビタミンD(29.09%:1.6μg)、蛋白質(26.8%:13.4g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆11%
更に分析 >>

魚肉ハム


魚肉ハムは、クジラなどを含む魚肉の肉片を塩漬けにしたものを言います。そしてこれに食肉の肉片や肉のような組織を持つ植物性蛋白質、脂肪を加えたものにつなぎを添加し、調味料や香辛料、食用油脂、結着補強材、合成保存料、酸化防止剤などを混合し、ケーシングに充填加熱したものも含まれます。つなぎには、主に魚肉のひき肉やすり身を使用し、これに卵白やデンプン、食肉、植物性蛋白質などが用いられます。日本農林規格では、デンプンの使用量九パーセント以下、つなぎの割合が五十パーセント未満、魚肉の比率が五十パーセントを超え、魚肉の肉片の比率が二十パーセント以上、植物性蛋白質の比率が二十パーセント以下と規定されています。
別名:フィッシュハム