サルボウ


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

サルボウ・味付け缶詰

「 サルボウ・味付け缶詰」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、6.75%含有し、135kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(1037.5%:24.9μg)、次は(107.62%:11.3mg)、そして、亜鉛(51.25%:4.1mg)、ビタミンE(41.67%:2.5mg)、マンガン(39.71%:1.39mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

サルボウ


別名では、アカガイ、サルボウガイ、エテボウと呼ばれることもあります。見た目は赤貝(あかがい)とよく似ていますが、殻長が凡そ五センチ程度と、その大きさも小さくなります。また、肋(ろく)と呼ばれる、殻表の溝が三十本程度と少なくなっていて、更に顆粒(かりゅう)が左殻の肋に見えることでも、その識別が可能となっています。藻貝(もがい)の名称は、稚貝が足糸にて海藻へくっつくことに由来しています。身肉は赤くなっていますが、これはヘモグロビンからなる血色素のためで、アカガイの代替用として利用される理由になっています。鮨種だけでなく、缶詰でも赤貝の名称を用いている商品が見受けられますが、これは、地域によって藻貝を赤貝と称するためで、昔から継続してそのまま使用しています。生息域は、日本の真ん中から南側で、中国や朝鮮半島などにも見られます。和名ではサルボウガイと呼ばれるモガイは、現在韓国からも輸入されています。調理では、刺身や鮨種をはじめ、茹で貝、煮物、佃煮などに利用されています。
別名:もがい、赤貝味付け缶詰液汁を除いたもの