リンゴジュース(ストレート)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

リンゴジュース・ストレート

「 リンゴジュース・ストレート」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、2.2%含有し、44kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、クロム(10%:1μg)、次はパントテン酸(5.25%:0.21mg)、そして、カリウム(3.85%:77mg)、(3.81%:0.4mg)、(3.75%:0.03mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆1%
更に分析 >>

リンゴジュース


林檎(リンゴ)は、バラ科リンゴ属に分類される植物を言い、たいていその果実のことを意味します。果肉は薄い黄色から白色のものがほとんどで、春の終わりごろに五弁花を咲かせます。もっとも広く普及しているのはフジという品種で、これは青森県の藤崎長で開発された品種です。日本だけでなく世界的にも生産量が多く、フジを品種改良したものも沢山出回っています。小玉、北斗、千秋、こうたろう、シナノスイート、ハックナイン、こうこう、ぐんま名月、アルプス乙女などが知られます。尚、ストレートジュースは、果汁100%のもので、果実から搾り出した果汁をそのまま利用したものです。
リンゴジュース・ストレート