きよみオレンジ(砂じょう・生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

きよみ・砂じょう・生

「 きよみ・砂じょう・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(42%)、次は葉酸(10%)、そして、ビタミンB1(9.09%)、カリウム(8.5%)、パントテン酸(6.75%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

きよみオレンジ


清見おれんじ(キヨミオレンジ)は、 ムクロジ目ミカン科の植物、もしくはその果実を言います。早生温州の代表格である宮川早生とトロビタオレンジを交配させた品種であり、日本で初のタンゴールです。トロピタはスイートオレンジの中でもやや早熟で、外国産の品種です。清見オレンジそのものは、濃橙色の果皮色に柔らかい肉質と豊富な果汁が特徴です。β-クリプトキサンチンも多く含まれており、この成分には抗酸化作用があることで知られています。日本では愛媛県や和歌山県、広島県、佐賀県などで生産されており、春に成熟期を迎えます。
きよみ・砂じょう・生