ナタデココ

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ココナッツ・ナタデココ

「 ココナッツ・ナタデココ」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、カロリー(3.65%:73kcal)、次は食物繊維(2.78%:0.5g)、そして、マグネシウム(0.3448%:1mg)、カルシウム(0.1538%:1mg)、ナトリウム(0.0726%:2mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
更に分析 >>

ナタデココ


ナタデココは、ココナッツ汁を発酵させた食べ物で、ゲル状になっています。ナタとはスペイン語で液体表層に見られる被膜のことを指します。酢酸菌の一つのアセトバクターキシリナムをココナッツ水に添加し、発酵させて作ります。ココナッツ水は実の中に含まれる液体のことであり、発酵によって表層から固まっていきます。ある程度の厚みを形成させ、これを切って仕上げます。構成する物質はほぼセルロースからなり、この成分は菌が合成したものです。食物繊維が多いうえに、カロリーがあまり無いことから、ダイエットや減量目的で食用にされることもあります。日本では二十世紀後半から見られるようになりました。見た目は寒天によく似ており、特有の食感が特徴です。
ココナッツ・ナタデココ