グズベリー


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

グーズベリー・生

「 グーズベリー・生」に関して1個約7g中のカロリーを食事摂取基準で評価した場合、0.182%含有し、3.64kcalです。食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる1個約7g中の栄養素は、ビタミンC(1.54%:1.54mg)、次は葉酸(1.37%:3.29μg)、そして、ビタミンE(1.17%:0.07mg)、食物繊維(0.9722%:0.175g)、(0.8667%:0.091mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

グズベリー


グズベリーは、ユキノシタ科に分類され、果実の果形は卵形や球形で、果皮(かひ)は、赤色や黄緑色、紫色、緑色、黒色、橙黄色、帯赤色といったものになります。また、せいようすぐり、おおすぐり、ぐーずべりーなどとも呼ばれています。グズベリーの栄養面では、ビタミンAとなるカロテンや、ミネラルであるカリウムなどが含まれています。旬は七月で、日本では北海道などが産地となっています。利用のされ方は、生食をはじめ、加工品であるジャムや果実酒(かじつしゅ)、ソースといったものに利用されています。尚、ソースについては酸味が強いためとなります。1873年に日本へ伝えられ、本州北部から北海道に掛けて生産されています。栽培品種(さいばいひんしゅ)では、アメリカスグリと呼ばれるアメリカ産のものと、イングリッシュグーズベリーやヨーロッパスグリといったセイヨウスグリであるヨーロッパ産から数多く作り出されています。

時期・特徴

7月~8月上旬がグズベリーの旬。日本では長野県や山梨県に自生しています。アメリカスグリとヨーロッパスグリが日本に輸入されてから、経済栽培ではなく、庭園果樹として、北海道や東北地方で栽培された。樹の高さは1メートル前後で棘がある。果実は丸く、枝からぶら下がっている姿が提灯(ちょうちん)のように見えることから、ちょうちんスグリとも呼ばれています。重さは3~10グラムくらいで果皮の色は薄緑色、黄色に近い白色、赤色、紫色などがあります。ゼリー状の果実は酸味がやわらかくなった頃が食べごろ。熟すと多汁で甘酸っぱい。ビタミンCは22ミリグラムと果実としては比較的多く含まれる。一般的には生食が主流で、甘味のあるものはそのまま食しますが、酸味の強いグズベリーは、ジャムに加工したり、料理のソースとして利用したりします。またペクチンを多く含むので、果実酒にも適しています。

グズベリーの選び方

色付きがよく、果皮がしっかりとハリのあるもの。重みのあるもの。粒のそろった傷のないもの。果皮がはがれて汁が出ていないものを選ぶ。

グズベリーの保存法

ポリ袋かラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保存。あまり日持ちしないので早めに食べる。ソースやジュース、ジャムなどに加工すれば、冷凍保存が可能。
グーズベリー・生
別名:グズベリー、西洋すぐり、まるすぐり、おおすぐり