オロブランコ/スウィーティ

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

オロブランコ・砂じょう・生

「 オロブランコ・砂じょう・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンC(38%)、次は葉酸(14.17%)、そして、パントテン酸(11.75%)、ビタミンB1(8.18%)、カリウム(7.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

オロブランコ


オロブランコはスウィーティとも呼ばれミカン科に分類されています。オロブランコは1958年にアメリカカリフォルニア州において成功した交配雑種で、ぶんたんとグレープフルーツの雑種となります。また、一般に普及したのは1970年以降のことです。グレープフルーツと似たような大きさで甘味が強くて、酸味があまりないというのが特徴です。利用は生食を始め、ゼリーやジュースといったものに用いられています。オロブランコの旬は一月前後となります。無酸のブンタンに四倍体のグレープフルーツ交配して育てたもので、オロブランコと名付けられました。種がないグレープフルーツのようなもので、日本へは、アメリカのカリフォルニアから輸入されています。イスラエルから輸入されているのはスイーティー或いはスウィーティと呼ばれて親しまれているもので、アメリカのカリフォルニアから輸入されているものと同一品種になります。ただ、このスイーティー或いはスウィーティは果皮が緑色となっています。甘くて、酸味が少なく、グレープフルーツより食べやすいとされています。
オロブランコ・砂じょう・生
別名:スイーティー、スウィーティー