金目鯛/キンメダイ

キンメダイの概要

キンメダイの網膜は特別になっており、微量な光を深海で捉えることが可能です。これが空気中で金色に光ることから金目鯛(キンメダイ)と呼ばれるようになったそうです。しかし、鯛と言う文字が入っていても、キンメダイ科であり、タイ科には属しません。仲間となるキンメダイの種類ではオレンジラフィーやナンヨウキンメがあります。前者は最近、国内に流通するようになったもので、ニュージーランドやオーストラリアから輸入されています。ナンヨウキンメは漁獲されるのが駿河湾や房総半島であり、全長は凡そ四十五センチ程度の魚です。きんめだいそのものの体表は、綺麗な赤色をしており、尾びれは切れ込みが深くなっています。一本釣りや延縄、底引き網などの方法で漁獲されており、国内で最もキンメダイの水揚げ量の多いところは下田市です。洋風料理であるムニエルやブイヤベースの他、から揚げや刺身、タイ飯、煮付け、鍋物などに利用されます。味は脂肪と蛋白質が多くて良いと言われており、肉質は柔らかくなっています。特に傷があまり見られない一本釣りのものが高品質とされます。尚、別名ではキンメと呼ばれることもあります。

キンメダイ/期待される効能・効果

癌や血栓の形成、アレルギーの発生を抑えたり、視力を保つのを改善する作用があると言われています。また、老人性認知症や高血圧、動脈硬化の予防にも有用とされます。含有される成分には、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA/IPA)、アスタキサンチンなどがあります。ドコサヘキサエン酸は神経組織や情報伝達の働きを保ち、脳細胞を活発化させる作用があると言われています。このため、老人性認知症の改善に有用とされています。また、癌を予防したり、コレステロールを減少させる他、アレルギー症状を緩和する作用などがあると考えられています。エイコサペンタエン酸は癌や高血圧、動脈硬化の予防に役立つと言われています。血液の流れを改善する他、アレルギー症状や血栓の形成を抑制する働きがあると考えられています。アスタキサンチンはストレスに起因する免疫低下を抑えたり、癌や胃潰瘍、白内障の予防に有用とされます。いわゆる色素成分であり、皮の中に含有されている抗酸化物質です。カロテノイド系に属します。