牛乳寒天

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

牛乳寒天

「 牛乳寒天 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、カルシウム(5.85%)、次はパントテン酸(4.75%)、そして、ヨウ素(4.62%)、ビタミンB2(4.17%)、ビタミンB12(4.17%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

牛乳寒天


牛乳寒天(ぎゅうにゅうかんてん)は、牛乳豆腐の一つであり、主原料である牛乳の他に、凝固剤として寒天を用います。牛乳豆腐は凝固剤として酢などを使い、豆腐状に固めたものですが、豆は用いません。見た目の形状から豆腐に見立てて、牛乳豆腐と呼ばれるようになったようです。初乳のみで作る場合は、蒸し器に入れて数十分蒸すと豆腐のように固まります。蒸し器だけでなく鍋で煮たり、電子レンジが使われることもあります。初乳ではなく、生乳を主原料とした場合、豆腐状に固まりにくくなります。凝固剤には寒天のほか、塩凝固である塩やにがり、酸凝固であるレモン汁や酢、他に片栗粉やゼラチン、くず粉などが用いられます。
牛乳寒天