霰/あられ

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

あられ

「 あられ 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(520%)、次はクロム(50%)、そして、銅(46.25%)、マンガン(38.29%)、亜鉛(30%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。


霰(あられ)は関東で呼ばれる名称で、関西ではおかきや、かきもちといった名前で広まっています。昔から保存食として利用されてきた経緯があり、庶民に親しまれてきた米菓の仲間です。原料をもち米とした塩味が特徴で、あられもちの略称でも知られます。あられの作り方はまず、もち米を蒸してつき、様々な形状に切り取ります。これを乾燥させて煎り、焼き上げます。出来上がったあられは丸く膨れており、中にはノリやトウガラシを混ぜ合わせた商品もあります。揚げおかきや柿の種、鬼あられ、品川巻きなどがその代表例です。
あられ