中華風クッキー


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

中華風クッキー

「 中華風クッキー」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、n-6系脂肪酸(38.5%:3.08g)、次はカロリー(26.65%:533kcal)、そして、モリブデン(24%:6μg)、セレン(24%:6μg)、ナイアシン(11.67%:1.4mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆8%
更に分析 >>

中華風クッキー


中華風クッキーの作り方はまず、鶏卵、砂糖、炭酸水素ナトリウムなどに乳化剤と油脂を混合したものを入れて混ぜ合わせます。この際、風味づけとしてバニラなども入れます、そして小麦粉を混ぜ合わせ、捏ねて生地を作ります。最後に適当な大きさに切り取って焼き上げますが、焼く前にアーモンドなどを乗せることもあります。この中華風クッキーは油脂類であるマーガリンやラードなどを沢山用いたクッキーの一つです。クッキーそのものは小麦粉や油脂、鶏卵、砂糖などを使って手作り風に作られるものを言います。飾りつけされることも多く、外観もさまざまです。触感は柔らかく、口どけもよくなっています。