チョココロネ

  • choco-korone-1
  • choco-korone-2

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

チョココロネ

「 チョココロネ」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、n-6系脂肪酸(38.13%:3.05g)、次はビタミンD(20%:1.1μg)、そして、ナイアシン(19.17%:2.3mg)、カロリー(16.85%:337kcal)、パントテン酸(14.75%:0.59mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆8%
更に分析 >>

チョココロネ


チョココロネは金属からなる角笛型のコルネにパン生地を巻き付けて焼き、コルネを抜いた部分にチョコレートクリームを詰めた菓子パンのことです。パン生地ではなく、パイ生地を使ったものも見られます。コルネは仏語で角笛を意味し、チョココロネでは円錐形をしたコルネの型を使います。これに菓子パン生地を巻き付けて成形後、焼き上げ、そしてコルネの型を抜いた空洞にチョコレートクリームを注入します。この空洞部分にクリームを充填したものはクリームホーンと呼びます。