カスタードプリン

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

カスタードプリン

「 カスタードプリン 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、セレン(48%)、次はビタミンB2(21.67%)、そして、ビオチン(19.4%)、パントテン酸(16.75%)、ビタミンB12(16.67%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

カスタードプリン


プディングは主な材料として砂糖、牛乳、卵を使ったもので、別名ではプリンとも言われます。起源はイギリスと考えられており、デザート菓子の一つです。一般に広く出回っているのは、カスタードプディングです。他に、チョコレートや米、栗などを使ったプディングや干しブドウ、砂糖漬けのフルーツを取り入れたものなど様々見られます。ミルクプリンは牛乳を多めに使い、ゲル化剤で固めたものです。カスタードプディングは熱を加えることで蛋白質が凝固する性質を使用して作られます。これはタマゴに蛋白質が多く含まれているためで、タマゴの配合率が低くなると柔らかい仕上がりになります。
カスタードプリン
別名:プリン、カスタードプディングプリン