デニッシュペストリー


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

デニッシュペストリー

「 デニッシュペストリー」の栄養価を食事摂取基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、n-6系脂肪酸(87%:6.96g)、次はビタミンD(41.82%:2.3μg)、そして、葉酸(30.42%:73μg)、n-3系脂肪酸(21.88%:0.35g)、カロリー(20.85%:417kcal【旧2010年版では100g:396kcal】)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆11%
更に分析 >>

デニッシュペストリー


デニッシュペストリーは、生地にバターやマーガリンなどを折り込んで形を整え、焼き上げた菓子パンの一つです。食感は、パイにもパンにも類似し、もともとデンマーク地方が起源となります。名前もこれに因みます。また、デニッシュペストリーは生地内部にバターなどの油脂を使っているため、普通のパンに比べると低い温度で生地を管理します。ペストリーはペイストリーやペーストリーとも呼ばれ、ベーキングパウダーやバター、ショートニング、穀紛、卵などを用いた焼き食べ物のことですが、これを作る生地を意味する場合もあります。脂肪分の含有量がパンと異なり、パンとは別物とされます。
デニッシュペストリー