ドロップ


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

ドロップ

「 ドロップ」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、カロリー(19.6%:392kcal)、次は(1.25%:0.01mg)、そして、ビオチン(0.2%:0.1μg)、カルシウム(0.1538%:1mg)、カリウム(0.05%:1mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆1%
更に分析 >>

ドロップ


ドロップはキャンデーと似ておりますが、キャンデーは主な原料を水飴と砂糖としています。ドロップはこれを更に高温で煮詰めたものを言います。どろっぷは砂糖だけで仕上げると、結晶が多く見られる上、日持ちも悪くなります。水飴を添加することで粘りを持たせ、結晶の抑制に働きかけます。広く普及しているどろっぷはフルーツ系の風味のもので、中には天然果汁やジャムを混ぜたもの、洋酒などで覆った製品も見られます。オランダではリコリス菓子と呼ばれるどろっぷがあり、これは動物やコインなど様々な形をしています。リコリス菓子は飴よりグミに近い触感を持ち、日本で言うどろっぷはこのオランダ菓子が語源と言われています。