もなか


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

もなか

「 もなか」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、(17.5%:0.14mg)、次は食物繊維(17.22%:3.1g)、そして、カロリー(14.25%:285kcal)、(12.38%:1.3mg)、蛋白質(9.6%:4.8g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆4%
更に分析 >>

もなか


かつての最中は煎餅によく似た干し菓子であったそうで、今日のような皮でアンを挟んだものではなかったようです。皮の材料は水でこねたもち米を蒸したもので、これを短冊状に薄く切り分け、焼き上げたものである。皮の種類では、こがし種、赤種、白種、抹茶種などがあります。挟まれる餡には、小豆のつぶし餡、こし餡、白あん、小倉あんなどが代表的となりますが、これら以外にも落花生やゆず、抹茶などで風味づけされたものも出回っています。保存する際は、皮が乾燥しやすい環境が重要で、湿気を帯びると品質や風味も悪くなっていきます。
もなか