プレッツェル


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

プレッツェル

「 プレッツェル」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンE(43.33%:2.6mg)、次はナトリウム(27.21%:750mg)、そして、ナイアシン(25.83%:3.1mg)、カロリー(24%:480kcal)、蛋白質(19.8%:9.9g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆10%
更に分析 >>

プレッツェル


プレッツェルはもともと小麦粉と水、食塩を原材料とした素朴なものでしたが、時代とともにデニッシュペストリーやスイートドウ、パフべストリーなどの生地でも生産されるようになりました。商品によっては、エクストルーダーで生地に熱を加え、押し出して焼き上げたものも見られます。元来、プレッツェルはプラセラスというパンの仲間で、こちらは四句節において中世ドイツの僧侶達に作られていたものです。そのため、ヨーロッパでは個パンの一つとして伝統的な食べ物となっています。