カゼイン


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

カゼイン

「 カゼイン」の栄養価を食事摂取基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、蛋白質(172.4%:86.2g)、次はビタミンB12(95.83%:2.3μg)、そして、亜鉛(32.5%:2.6mg)、カロリー(18.9%:378kcal)、リン(15%:120mg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆7%
更に分析 >>

カゼイン


カゼインは牛乳やチーズなどに含有されるリンタンパクの一つです。牛乳に含まれるたんぱく質の大半を占め、乳固形分の主要な成分の一つです。単一のタンパク質ではなく、アルファカゼイン、ベータカゼイン、カッパーカゼインの三つに大別されます。牛乳の中でのカゼインはカルシウムと結びついてカルシウム塩という形で存在します。そのため、牛乳の中ではカルシウムを安定して運ぶ運搬役を担います。またカゼインは多くの分野で活用されており、安定化剤の他、栄養補助剤やカゼインプラスチック、プロミックス、塗料などとしても使われています。
カゼイン