サウザンアイランドドレッシング

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

サウザンアイランドドレッシング

「 サウザンアイランドドレッシング 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ビタミンE(101.67%)、次はナトリウム(50.82%)、そして、ビタミンK(39.33%)、カロリー(20.8%)、ビタミンB2(15%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

サウザンアイランドドレッシング


サウザンアイランドドレッシングは、野菜のサラダ用として使われるドレッシングであり、アメリカで発達してきたものです。材料が細かく刻まれており、これがサウザンアイランドドレッシングと名づけられた由来になっているようです。主な原材料として使われているのはマヨネーズですが、これにゆで卵を細かく刻んだものやピクルスなどを添加しています。混ぜ合わせる材料ではこの他にも、オリーブオイル、果汁、ウスターソース、ケチャップ、クリーム、マスタード、チリソース、酢、タバスコ、トマトピューレなどで、これにみじん切りしたピーマンやパプリカ、パセリ、チェリーペッパー、ニンニク、栗、クルミ、チャイブなどを添加するケースもあります。
サウザンアイランドドレッシング