白ざら糖


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

白ざら糖

「 白ざら糖」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる大さじ約15g中の 成分は、カロリー(2.9%:58.05kcal)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
更に分析 >>

白ざら糖


白双糖(しろざらとう)はザラメ糖や白ザラメとも呼ばれる砂糖の一つであり、ショ糖を結晶化させたものを言います。粒は大型で、結晶にはツヤがあります。無色透明で匂いも特にありません。甘みはあっさりとしたものになっています。結晶化はグラニュー糖や氷砂糖と同様の工程によって行います。氷砂糖に比較すると粒は小さくなっていますが、上白糖などに比べると大きく見た目に形状も分かります。元来、粗目(あらめ)と表記されていましたが、これは粒の大きさが粗いことに由来します。しかし、だんだん発音がなまっていったようで、近年ではザラメと言うのが一般的となっています。
白ざら糖
別名:上ざら糖