コーヒーシュガー


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

コーヒーシュガー

「 コーヒーシュガー」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、カロリー(19.35%:387kcal)、次は亜鉛(15%:1.2mg)、そして、(1.9%:0.2mg)、(1.25%:0.01mg)、蛋白質(0.2%:0.1g)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆1%
更に分析 >>

コーヒーシュガー


コーヒーシュガーは結晶状の砂糖のことで、ブラウン・シュガーは糖蜜を含まない三温糖や中ざら糖、あるいは糖蜜を含む黒砂糖のことで白色ではない砂糖を総称するものです。若干糖蜜を残して精製した三温糖や赤砂糖は主にコーヒーで使われる結晶状のコーヒーシュガーを指します。一方、黒砂糖と呼ばれるものはサトウキビの搾り汁を煮詰めて生成される黒褐色の砂糖を言います。甘味料として使われます。黒糖は沖縄県や九州などで作られる含みつ糖でサトウキビの搾り汁のみを沸騰させて濃縮させたもので、それ以外の加工を行わずに商品化されたものを指します。