果糖


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

果糖

「 果糖」の栄養価を国の基準で評価した場合、この基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、カロリー(18.4%:368kcal)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆1%
更に分析 >>

果糖


果糖(かとう)は、単糖の一種であり、白色の結晶です。糖の中で最も水に溶けやすい性質を持ち、フルクトースとも言います。商業的に多用される傾向にありますが、これはその甘味の強さにあります。常温であれば天然ものの中で最も甘いと言われいる一方で、高温環境下では砂糖に劣ります。人間の味覚ではスクロースやデキストロースよりも素早く甘みを感じて頂点に達し、急激に減退します。このため、フルクトースは他の風味を高めることができると言われています。含有される食品ではフルーツやハチミツなどがあげられます。尚、フルクトースはグルコースに比較すると糖化反応が起こりやすいため、生体への糖毒性もグルコースより強くなっています。その一方で肝臓はフルクトースを先に処理し、グルコースを後回しにします。
果糖