ブラジルナッツ

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

ブラジルナッツ・フライ・味付け

「 ブラジルナッツ・フライ・味付け 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、n-6系脂肪酸(362%)、次は銅(243.75%)、そして、マグネシウム(127.59%)、リン(85%)、ビタミンB1(80%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

ブラジルナッツ


パラ或いはベレンと呼ばれる港から輸出されることからパラナッツとも呼ばれていて、木は生長すると凡そ四十メートル程度に育ちます。アマゾンの森林区域においても目だって高くなるため、広く知られている種類になります。原産地は、ブラジルやギアナとされていて、特にブラジルでは、ブラジルナッツが重要な輸出産業となっています。木質化した果実は球形で、蓋が果頂部に見えます。種子を取り出すため、果実を割って採取します。果実の中には、二十個前後の種子があり、仁(じん)と呼ばれる白色部分が食用となります。仁は薄皮に覆われているので、それを剥きます。開花してから収穫されるまでに、凡そ一年以上かかりますが、栽培種はほぼ存在しないと言われています。通常、野生種から採取されます。形状は、大形のナッツで、ナッツの王様と、欧米では言われています。風味は、アーモンドによく似ているものとなっており、現在日本へは煎ったブラジルナッツが輸入されています。調理では、洋菓子やつまみ、おやつなどに利用されていて、栄養面では、脂質とタンパク質を多く含んでいます。尚、サガリバナ科ブラジルナッツノキ属に分類されるブラジルナッツは、別名でパラナッツの他、パラグリとも呼ばれています。
ブラジルナッツ・フライ・味付け