眼張/メバル

大小の棘(とげ)が頭の上に見えていて、突出した顎(あご)を持っているのが特徴になります。また、大きな目をしていて、成長すると凡そ三十センチ程度の長さに育ちます。フサカサゴ科に分類されていて、キンメバル、アカメバル、クロメバルの呼び名があります。これらはいずれも同一種類ですが、キンメバルは灰褐色をした体色を持っているものを指しています。アカメバルは、体色が灰赤色で、クロメバルは黒灰色の体色を持つものを言います。体色に個体差があるのは、住処とする場所によるものと考えられています。関西を中心に生息しているものはアカメバルで、関東においてはクロメバルとなっています。十一月から一月にかけて仔魚(しぎょ)を産むため、卵胎生(らんたいせい)に分類されています。旬は四月から六月とされていますが、脂の乗った一月から三月にかけても美味とされています。身肉は白身になっており、且つ身もしまっています。調理では、煮つけをはじめ、バター焼きやムニエル、揚げ物、味噌漬け、粕漬け、味噌汁の実、焼き魚、から揚げなどに利用されています。中国料理では甘酢あんかけにも使われています。メバルは、小骨の多いところが欠点ですが、上質の味を持っていると言われています。尚、地域によっては、メバチ、テンコ、ワガ、ハチメなどと呼ばれている所もあります。
g
Kcal
g
カロリーを基準にして計算します
タンパク質を基準にして計算します
スポンサーリンク
cm kg
cm kg
スポンサーリンク