とさかのり(赤・塩蔵・塩抜き)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

赤とさかのり・塩蔵・塩抜き

「 赤とさかのり・塩蔵・塩抜き 」100g中のカロリーは14kcalで、食事摂取基準にもとづく含有率は、0.7%です。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0%
100g中の栄養価
順位栄養素含有率実際の含有量基準値過不足
1位ヨウ素484.62%630μg推奨量130μg+500μg
2位食物繊維22.22%4g目標量18g-14g
3位11.43%1.2mg推奨月経有10.5mg-9.3mg
4位ビタミンK11.33%17μg目安量150μg-133μg
5位カルシウム10.77%70mg推奨量650mg-580mg
更に分析 >>食事摂取基準

とさかのり


房総半島より九州地方、奄美大島に至る暖海、及び温海の外海に分布しています。葉の縁がデコボコに裂けていて、見た目がとさか状になっているため、名称もこれに由来したものとなっています。膜質からなる葉は、平たく、赤紅色をしています。また、肉質は柔らかく、外海の水深数メートル程度に見られます。市場へ流通しているものでは、赤鶏冠海苔(あかとさかのり)、白鶏冠海苔(しろとさかのり)、青鶏冠海苔(あおとさかのり)といったものがあります。赤鶏冠は、原藻を直接乾燥させるなどして利用しているものですが、白鶏冠は、脱色したものであり、青鶏冠は、脱色したのちに緑色に着色したものとなっています。旬は五月から六月にかけてで、調理では古くから刺身などに利用されてきた経緯があります。また、近頃では海藻サラダに用いられることも有り、その他の調理では、精進料理などで、加熱して煮溶かし、その後冷却して凝固させたものが、刺身の代用として食されています。鶏冠海苔はミリン科トサカノリ属に分類され、漢字では鶏冠菜とも書かれます。
赤とさかのり・塩蔵・塩抜き