うずら豆(いんげんまめ)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

いんげんまめ・うずら豆

「 いんげんまめ・うずら豆 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、食物繊維(32.78%)、次は鉄(21.9%)、そして、銅(17.5%)、n-3系脂肪酸(15.63%)、蛋白質(13.4%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

うずら豆


うずら豆は、隠元豆(インゲンマメ)の一種です。インゲンマメは秋に鞘をつけるマメ亜科の一年草を言います。古くからアメリカ大陸で主要な作物として利用されており、アステカ帝国では隠元を物納税に入れて徴収していたと言われています。16世紀頃にヨーロッパを経て中国へ伝播し、日本へは17世紀頃に渡来したものと考えられています。名称はこの豆を持ち込んだ明からの帰化僧である隠元という人物に由来していると言われています。しかし持ち帰ったものが実は藤豆(フジマメ)という言い伝えもあり、詳細は明確になっていません。別名では菜豆(サントウ)や三度豆(サンドマメ)と呼称する一方で、関西では逆にフジマメのことをインゲンマメと呼ぶため、隠元渡来と何らかの関わりがあるのではという指摘もあります。
いんげんまめ・うずら豆