フライビーンズ(そらまめ)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

そらまめ・フライビーンズ

「 そらまめ・フライビーンズ 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、銅(96.25%)、次は食物繊維(82.78%)、そして、鉄(71.43%)、ビタミンE(55%)、リン(55%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

フライビーンズ


フライビーンズは、そら豆を乾燥させて油揚げした豆菓子を言います。日本では奈良県において大和蚕豆との呼称で初めて流通したともされますが、明治時代末期にもフライビンズという名称で発売されたとの指摘もあります。奈良県はそら豆や菜種油の産地であり、こういった条件があったことで誕生した豆菓子とされます。地域によってはイカリ豆やがん豆、花豆などと呼称されていますが、一般には豆の種類に関係なく、油で揚げたものをフライビンズやいかり豆とする傾向があります。花豆は関東で呼称されることが多く、夏豆やがん豆との呼び方は九州においてされます。
そらまめ・フライビーンズ
別名:いかり豆