大豆(はいが)

  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

大豆はいが

「 大豆はいが 」100g中のカロリーは442kcalで、食事摂取基準にもとづく含有率は、22.1%です。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★★★☆☆☆☆☆☆☆28%
100g中の栄養価
順位栄養素含有率実際の含有量基準値過不足
1位ビタミンE308.33%18.5mg目安量6mg+12.5mg
2位葉酸191.67%460μg推奨量240μg+220μg
3位141.25%1.13mg推奨量0.8mg+0.33mg
4位ビタミンK126.67%190μg目安量150μg+40μg
5位111.43%11.7mg推奨月経有10.5mg+1.2mg
更に分析 >>食事摂取基準

大豆


大豆胚芽(ダイズハイガ)は、豆の芽に位置する部分のことで、ここにダイズイソフラボンが集まっています。この成分は根粒菌が生存するのに欠かせないものであり、同時に根粒菌は大豆が成長するのにも必要な菌となります。大豆はイソフラボンを土壌の根粒菌を刺激するために使っています。また、これによって不活性な窒素分子を反応性の高い別の窒素化合物に変換する窒素固定が起こり、細菌との共生による瘤が根に発生し、根粒(こんりゅう)を形成することになります。大豆イソフラボンには、ゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインなどがあり、これらは若干女性ホルモン作用を呈します。このため、骨粗しょう症や更年期障害などの改善に有用と考えられています。
大豆はいが