うどん(生)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

うどん・生

「 うどん・生 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ナトリウム(36.3%)、次はモリブデン(28%)、そして、セレン(24%)、クロム(20%)、カロリー(13.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

うどん


饂飩(うどん)は、小麦粉を練って切った麺の言います。太さや幅は種類によって様々です。古くから米の代わりにも食されてきた経緯があり、祝い事などでも全国的にしょくされています。麺の上に乗せたり、入れたりする具材や調理の仕方はその土地によって異なります。うどんの起源については諸説あるため明確にはなっていませんが、江戸時代初期頃には全国各地で食べられていたとされます。また、蕎麦はこの当時には普及しておらず、塊状の蕎麦がきが食べられていたようです。これは蕎麦粉を用いた初期の蕎麦料理です。
うどん・生