焼きおにぎり(うるち米製品)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

こめ・うるち米製品・焼きおにぎり

「 こめ・うるち米製品・焼きおにぎり 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(172%)、次はヨウ素(19.23%)、そして、セレン(16%)、ナトリウム(13.79%)、銅(12.5%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

焼きおにぎり


粳米(うるちまい)は、アミロースがおよそ二割、アミロペクチンが約八割で構成されるコメを言います。一般の米飯がこれに当たります。焼きおにぎりは、握った白飯を焼き網やグリルなどを使って焼き、これに醤油や味噌などを塗布し、更に焙って焦げ目をつけたものを言います。焼き網やグリルなどを使って焼きますが、おにぎり焼くために特化した焼きおにぎり器なるものも存在します。現在では、焼きおにぎりをトレーに入れた冷凍食品も見られ、電子レンジで簡単に温めて食べられるように工夫された製品も多く出回っています。
こめ・うるち米製品・焼きおにぎり