あくまき(もち米製品)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

こめ・もち米製品・あくまき

「 こめ・もち米製品・あくまき 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、カリウム(15%)、次はマンガン(11.14%)、そして、亜鉛(8.75%)、カロリー(6.6%)、銅(6.25%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

あくまき


灰汁巻き(あくまき)は、もち米を灰汁で炊いた食品を言います。前もっと灰汁に浸けたもち米と孟宗竹を使い、孟宗竹でもち米を包み、更に孟宗竹で作った紐で縛り、灰汁で煮て仕上げます。粘性が低い一方で、水分量が多く、時間がたっても硬くならないのが特徴です。あくまきは、糯米から作る餅の一種で、そのままだと若干えぐ味があります。味をつけるために甘くしたきな粉や砂糖の粉、黒蜜などがかけられます。一般には常温で食されますが、冷やして食べるとえぐみが抑えられ、美味とされます。切るときは糸が用いられ、少し湿らせて縛るようにひくことで綺麗に切り分けることができます。
こめ・もち米製品・あくまき