コーングリッツ(白色種)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

コーングリッツ・白色種

「 コーングリッツ・白色種 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(40%)、次はセレン(24%)、そして、カロリー(17.75%)、蛋白質(16.4%)、食物繊維(13.33%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

コーングリッツ


コーングリッツは、選抜した白色種もしくは黄色種のトウモロコシを原料とし、これらの皮や胚芽を取り除いてから挽き砕いて振り分けたものを言います。コーングリッツにはデントコーンやフリントコーンなどが用いられ、普及しているスイートコーンやポップコーンなどは利用されません。ドライミリングと呼ばれる乾燥製粉にて作られます。食品用途としては、トウモロコシ由来のスナックやコーンブレッド、イングリッシュマフィン、コーンフレークなどに使われます。また、焼酎やビールなどにも利用されています。古くは信州みそにも使われていたようです。
コーングリッツ・白色種
別名:とうきび