コーングリッツ(黄色種)

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

コーングリッツ・黄色種

「 コーングリッツ・黄色種 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、モリブデン(40%)、次はセレン(24%)、そして、カロリー(17.75%)、蛋白質(16.4%)、食物繊維(13.33%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

コーングリッツ


コーングリッツは、トウモロコシを挽いて作る穀粒のことで、馬歯種のデントコーンや硬粒種のフリントコーンなどが原料に用いられます。コーングリッツでは、甘味種のスイートコーンや爆裂種のポップコーンなど、広く普及しているタイプのものは利用されません。トウモロコシを砕く方法には、加湿製粉であるウェットミリングと乾燥製粉であるドライミリングというものがあります。コーングリッツはドライミリングが採用され、乾式製粉を行います。また、工業的にトウモロコシを使う場合は、その多くが何らかの用途に使われる傾向にあり、廃棄処分にされる部分はほとんどありません。
コーングリッツ・黄色種
別名:とうきび