(厚焼き)たまご

  • 単品栄養価
  • 加算後
  • 消費カロリ

鶏卵・厚焼きたまご

「 鶏卵・厚焼きたまご 」の栄養価を食事摂取基準詳細で評価した場合、この基準に最も近い値で含まれる100g中の栄養素は、ヨウ素(415.38%)、次はセレン(124%)、そして、ビオチン(41.8%)、ビタミンB12(33.33%)、パントテン酸(28.75%)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、上限のある成分では過剰となる場合があります。

たまご


厚焼き卵(あつやきたまご)は玉子焼き(たまごやき)とも言われる日本料理の一つです。フライパンなどで溶いた鶏卵を焼きながら筒状に成形して巻いた和食です。現在、玉子焼き器など専用の調理器具も普及しており、手軽に作られる日本特有の調理法でもあります。家庭料理の一つとして親しまれているほか、弁当でも定番のメニューです。味付けには醤油や出汁のほか、砂糖やみりん、めんつゆ、ソースなどが使われることもあります。最近では多様化し、ホウレンソウやしらす干し、明太子などをものも見られます。「う巻き」はウナギを入れた料理を言います。寿司種としても使われており、こちらは江戸時代からあったようです。
鶏卵・厚焼きたまご