皮蛋/ピータン(あひる卵)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

あひる卵・皮蛋/ピータン

「 あひる卵・皮蛋/ピータン」に関して100g中のカロリーを国の基準で評価した場合、10.7%含有し、214kカロリーです。【旧2010年版でも同じ100g:214kカロリー】食品の栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の栄養素は、セレン(116%:29μg)、次はビタミンD(112.73%:6.2μg)、そして、ビタミンB12(45.83%:1.1μg)、ビタミンE(31.67%:1.9mg)、ビタミンA(31.43%:220μg)、となります。また、耐容上限量が定められた栄養素の過剰はありません。
栄養バランス達成率 ★★★☆☆☆☆☆☆☆22%
更に分析 >>

ピータン


皮蛋(ピータン)とは基本的にアヒルの卵を用いたもので、これをアルカリ性環境下で熟成させた食品を言います。発祥は中国で、たまたまアヒルの卵を灰の中に埋めてしまったことから偶然発見された製法のようです。卵にはアヒルだけでなく、鶏卵や鶉などの卵も代用されることがあります。ピータンには特有の匂いと刺激性の強い味があります。これはアンモニアや硫化水素を含むためで、食べる際に空気へさらすことで若干匂いの癖が控えめになります。種類では、大きく分けると硬心ピータンと溏心ピータンがあります。硬心ピータンは固い黄身と保存性の高さが特徴で、溏心ピータンでは半熟状の黄身と硬心ピータンより控えめな匂いが特徴です。
あひる卵・