玉筋魚/イカナゴ(煮干し)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

玉筋魚/イカナゴ・煮干し

「 玉筋魚/イカナゴ・煮干し」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、12.25%含有し、245kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンD(981.82%:54μg)、次はビタミンB12(191.67%:4.6μg)、そして、リン(150%:1200mg)、カルシウム(113.85%:740mg)、ナトリウム(101.6%:2800mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、「ナトリウム」では目標量未満を超えています。
成分バランス達成率 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆3%
更に分析 >>

イカナゴ


イカナゴは、玉筋魚科に分類される魚を言います。暗灰色で細長い体を持ち、側扁します。背びれと尻びれが長く、腹びれはありません。また、銀白色の腹部を呈します。日本全国に見られる他、アラスカやシベリア、北太平洋沿岸にも生息しています。二十センチほどまで成長しますが、大きなものほど脂質含有量が多いため、鮮度が落ちるにつれて、味やにおいが悪く変化します。尚、煮干し(にぼし)は、小魚を煮て乾燥させたものを言います。直接食べられることもありますが、主に出汁の材料として利用されています。
イカナゴ・煮干し
別名:こうなご