削り節つくだ煮(鰹)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

削り節つくだ煮・かつお

「 削り節つくだ煮・かつお」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、11.85%含有し、237kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(220.83%:5.3μg)、次はナイアシン(127.5%:15.3mg)、そして、ナトリウム(112.48%:3100mg)、ビタミンD(109.09%:6μg)、(76.19%:8mg)、となります。また、100%以上は「必要量」以上を満たし、「ナトリウム」では目標量未満を超えています。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆19%
更に分析 >>

削り節つくだ煮


削り節(けずりぶし)は、カツオをはじめ、イワシやサバ、マグロなどの荒節を薄く削ったものを言います。荒節のほか、本節が用いられることもあり、こちらは高級品として扱われています。削り節はもともと鰹節として普及していましたが、原料に用いられる魚がカツオ以外のものまで混じり出したことから、誤解を回避するため削り節と呼ぶようになったそうです。鰹節やその他の節を削ったものが、これに該当します。昔は食べる前にその都度削っていたようですが、現在は窒素封入による技術が開発されたため、削ったものが密封包装されて出回っています。尚、佃煮(つくだに)は、醤油や砂糖で煮つけた甘辛い食品を言います。
削り節つくだ煮・かつお