子持ちカレイ(生)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

子持ちカレイ/子持ちがれい・生

「子持ちカレイ/ 子持ちがれい・生」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、7.15%含有し、143kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(179.17%:4.3μg)、次はn-3系脂肪酸(94.38%:1.51g)、そして、ビタミンD(72.73%:4μg)、パントテン酸(60.25%:2.41mg)、ビタミンE(48.33%:2.9mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆17%
更に分析 >>

子持ちカレイ


子持ちカレイは、産卵前のメスのカレイ類を指し、市販名にもなっています。産卵前のメスは卵巣が大きくなっており、日本では冬の味覚として広く親しまれています。甘辛く煮つけて調理します。カレイそのものは、カレイ目カレイ科に属する魚を総称します。浅い海から深海に渡る範囲に生息し、太平洋や大西洋、インド洋など広く分布しています。海水魚ですが、汽水に棲む種類も存在します。日本ではマガレイをはじめ、マコガレイ、イシガレイ、オヒョウ、アカガレイ、ホシガレイ、ババガレイ、メイタガレイなどが漁獲されています。