子持ちカレイ(水煮)


  • 単品栄養価
  • 成分合計
  • カロリー

子持ちカレイ/子持ちがれい・水煮

「子持ちカレイ/ 子持ちがれい・水煮」に関して100g中の カロリーを国の基準で評価した場合、8.1%含有し、162kcalです。食品の 栄養価としてこの基準に対し、最も多い値で含まれる100g中の 成分は、ビタミンB12(204.17%:4.9μg)、次はn-3系脂肪酸(95%:1.52g)、そして、ビタミンD(85.45%:4.7μg)、ビタミンE(70%:4.2mg)、パントテン酸(64.5%:2.58mg)、となります。また、耐容上限量が定められた 成分の過剰はありません。
成分バランス達成率 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆18%
更に分析 >>

子持ちカレイ


子持ちカレイは、産卵前のメスのカレイ類を言います。抱卵したカレイ類は大きな卵巣を有し、甘く煮つけて食されています。子持ちガレイは市販名でもありますが、北洋産などで中型以上のカレイを切り身として出荷するケースが多いようです。カレイそのものはカレイ科に属する魚類をまとめて呼称したものです。カレイ類の両目は通常、体の右側に位置し、ヒラメ類では左側に両目が寄ります。ただし、いずれも稀に変異や種の違いによって異なる場合もあります。幼生のケースでは両目が左右に分かれており、成長に伴って次第に右側へ移動していきます。